東京カオマンガイ@神田のカオマンガイが一番おいしい件

日記
スポンサーリンク

 

「カオマンガイ」という食べ物をご存知でしょうか?

海南鶏飯は、茹で鶏と、その茹で汁で調理した米飯を共に皿へ盛り付けた米料理。香港・マレーシア・シンガポール・タイなどの東南アジアの庶民料理・屋台料理である。

Wikipediaより

この「海南鶏飯」をタイ風にアレンジしたものが「カオマンガイ」になります。

タイの屋台でよく売られているそうです。

 

ニシマキはカオマンガイが大好きで、タイ料理屋に行ってカオマンガイがあれば必ず注文します。

そんなニシマキがオススメする、いままで食べた中で最も美味しかったお店、東京神田にある東京カオマンガイをご紹介します。

 

もう10年くらい、通ってます!

 

東京カオマンガイ 神田店
神田エリアの神田×カオマンガイ、東京カオマンガイ 神田店のオフィシャルページです。お店の基本情報やメニュー情報などをご紹介しています。
東京カオマンガイ (神田/タイ料理)
★★★☆☆3.72 ■カオマンガイ ━━ タイのチキンライス ━━ バンコクの屋台の味をそのままに! ■予算(夜):¥2,000~¥2,999

 

東京カオマンガイのおいしさ

これが東京カオマンガイのカオマンガイです!

盛り付けはシンプルですが、この3つのレベルがすごい!

鶏肉
茹でた鶏肉はやわらかくジューシー。

お米
鶏の茹で汁で炊いたご飯は、ほんのり甘いです。お米の品種も独特で、本場タイ米に近い食感を味わえます。

タレ
ニシマキのオススメは黒ダレ。甘さと辛さと旨味のバランスがよいです!
赤ダレは辛いもの好きな人へ、レモンダレはマニアックな人へオススメです。

鶏ガラスープも付いてくるんですが、これも美味しいです。

 

カオマンガイ以外にもメニューがあります。個人的には、生春巻きが好きです!

店内

店内はこんな感じです。

カウンターとテーブル席があります。

昔は、この半分のスペースで営業してたんですよね。

お客さんが増えてきたので、壁を取り壊して隣のスペースを広げました。

 

店員さん

気さくな店長スギタさんと、数名の店員さんがおります。

ニシマキの顔も覚えていただいており、少しお話したりします。

店長がタイにカオマンガイ修行に行った話などを聞けたりしました。気さくなお人柄です!

 

店長スギタさんは各種SNSも運用してます。営業情報などアナウンスされていて便利です。

2020/11/10~12月上旬まで、東京駅前のキッチンカーエリアでもカオマンガイを販売するとのことです!

Twitter:https://twitter.com/sugita_kmg

Instagram

 

アクセス

お店の場所は、JR山手線の神田駅の目の前です。

近くに行くことがあれば、一度、味を確かめてみてください!

 

 

それでは、また!

 

コメント

にしティー

人語を解する、心優しき柴犬。

にしティーをフォローする
タイトルとURLをコピーしました