マイナンバーカード取得→マイナポイント登録をしてみた

日記
スポンサーリンク

 

マイナポイントで5,000円分のポイントがゲットできる!

ということで、マイナンバーカードを取得するところから、マイナポイントの登録までやってみました。

よければ、参考にしてください!

 

マイナンバーカード取得

マイナポイントをゲットするには、まずマイナンバーカードがなければいけません。

 

マイナンバーカードも持っていなかったので、取得するところから始めました。

申請については、スマホから簡単に申し込みができました。

オンライン申請方法 – マイナンバーカード総合サイト

これはすごかった、便利!

ただ、受け取りが反対にすごく不便だった…。

マイナンバーカードの受け取りは、役所に行かなければなりません

マイナンバーカードを受け取る – マイナンバーカード総合サイト

 

うちの地区だと、役所に受け取りの予約を入れないといけませんでした。

しかも、その予約が全然取れない!! 一ヶ月先まで埋まってる。

もちろん土日は無理なので、平日に仕事を半休して取りに行くことになりました。

これは大変だった…

ともかく、マイナンバーカードは無事にゲットできました!

 

マイナポイントのひも付け

次は、マイナポイントの登録です。

マイナポイントは、各種のサービスからひとつを選んで登録=ヒモ付けすることができます。

そして、そのヒモ付けたサービスのポイントを、5,000円分もらえるんですね。

 

ほんとは自分的に一番使いやすい楽天ペイにヒモ付けたかったです。

ただ、とある理由で、ニシマキのスマホではマイナンバーカードをスマホで読み取るためのアプリが使えなかったのです…。

マイナポイント - Google Play のアプリ
マイナポイントの申込を行うことができるAndroidアプリです。本アプリをご利用いただくためには、マイナンバーカードが必要です。

理由は秘密やで!

楽天ペイはスマホからのみ、ヒモ付けられるタイプだったので、残念ながら今回は無理でした。

 

ちなみに、楽天ペイがなぜオススメなのかを書いた記事があるので、よかったら見てください。

 

ただ、スマホを使う以外に、セブン銀行のATMでも、マイナポイントをヒモ付けることができます。

必然、その中からの選択になり、楽天ペイの次によく使っているPayPayをヒモ付けることにしました。

そして、セブン銀行ATMで、無事ヒモ付け完了!!

 

ただ、最後に少しミスったのは、PayPayで購入した時にポイントが付与される設定で登録したことです。

購入時じゃなくて、チャージ時にすればよかった。

その方が、チャージした時点でポイントを上限までゲットできるので、あとはポイントのことは気にしないでいられます。

それだけなんですけどね。

まあ、そのうちにポイントも上限までゲットできるでしょう!

 

ちなみに、PayPayはユーザーインターフェースが優れていて、どのくらいまでポイントを取得できているかがひと目でわかります。さすがです。

 

以上、マイナンバーカード取得と、マイナポイント登録のお話でした。

手間はかかりますが、皆様もよければマイナポイントの登録をしてみてください。

それではまた!

 

マイナポイントについて – マイナンバーカード総合サイト

 

コメント

にしティー

人語を解する、心優しき柴犬。

にしティーをフォローする
タイトルとURLをコピーしました