ただ消費電力グラフを見たかっただけなんだ…。Nature Remo E lite、購入!

日記
スポンサーリンク

 

以前にスマートリモコンの Nature Remo mini を紹介する記事を書きました。

それ以来、Nature Remo は毎日使い続けている、無くてはならないアイテムになっています。

 

そして、この Nature シリーズに最新デバイスが登場しました。

Nature Romo E です。

これは、太陽光発電システムや蓄電池システム、スマートメーターなどを管理できる、エネルギーマネジメントデバイスです。

自宅の電力システム全体を把握することができるんですね。

そして、廉価版デバイスの Nature Remo E lite は、その中のひとつの機能「スマートメーターとの連動」に特化していて、自宅の消費電力をリアルタイムで把握することができます。

Nature Remo E — Nature より
Nature Remo E lite(ネイチャーリモイー)
Nature Remo E(ネイチャーリモイー)は、家庭のエネルギーマネジメントを、安価で手軽に行える次世代型HEMSです。蓄電池や太陽光発電システムの稼働状況をリアルタイムに把握したり、過去の消費電力量のモニタリング、接続機器のコントロールが簡単に行えます。
Nature Remo E lite(ネイチャーリモイーライト)
Nature Remo E(ネイチャーリモイーライト)は、家庭の電力消費量をスマートフォンからリアルタイムにチェックしたり、週、月、年ごとにグラフで比較できる電力モニタリングシステムです。1つのデバイスで家全体の消費電力量が確認できます。

 

ちなみに、スマートメーターとは、無線機能が付いた電力量計です。電力量計はどこの家にも付いているものですが、無線機能が付いていない旧版から徐々に置き換わっています。

もし自宅の電力量計が旧版でも、電力会社に連絡すれば無料で新版に取り替えてくれます。

スマートメーターは、毎月の検針業務の自動化やHEMS※等を通じた電気使用状況の見える化を可能にする電力量計です。

スマートメーター|Smart life|東京電力エナジーパートナー株式会社

このスマートメーターと無線で情報をやり取りすることで、自宅の消費電力の情報を取得することができます。

 

今回、ニシマキは廉価版の Nature Remo E lite の方を購入しました。特に太陽光発電システムなどは使っていないので、現状では lite で十分です。

そして、つまるところ、この Nature Remo E lite は、自宅のリアルタイム消費電力をグラフ化できる、というだけのデバイスです。

ただ、そのリアルタイム消費電力のグラフを見てみたい!という一心のみで、購入しました。

Nature Romo 購入者向けの割引キャンペーンもあったので、背中を押されたところもあります。

使ってみたところ、確かに消費電力が見える化できるのが一番のメリットでしたが、その他にもよかった点があるので、合わせて紹介していきます。

 

なお、この Nature Remo E を使用するには、電力会社へ登録して、IDとパスワードを取得する必要があります。別途やっておきましょう。詳しくはこちら

東京電力だと、登録後、こんな封筒が届きます。

 

本体

注文した Nature Remo E lite ですが、小さな箱で届きました。

開けてみると、思いのほか小さいデバイスです。

 

少しセットアップに手間取りましたが、無事に設定完了。情報を取得し始めました。

 

消費電力のグラフが見れた!

こちらが最近のグラフです。

やはり、消費電力がグラフで見えるとおもしろい!!

 

外出中の消費電力の低さが目立ちます。

外にいるときはエアコンを切っているので、消費電力が低いんですね。

17時くらいに帰宅しているんですが、暑い部屋を急速冷房したので、消費電力が跳ね上がってます

また、21時くらいに最高消費電力を記録していますが、これはワイシャツにアイロンをかけたときです。

アイロンや、他にも電気ケトルなどの熱を短時間で発生させる機器は、非常に電力を消費するのがグラフでも明らかになりました。

これが見える化できただけでも、Nature Remo E lite を購入した甲斐があるってものです!

 

その他のメリット

リアルタイムの消費電力がスマホで見えることで、外出中にエアコンの稼働状態が確実にわかるようになったことも大きいメリットです。

いままでは、アプリでエアコンを消しても、本当に消えているかの確信が持てませんでした。通信エラーやリモコンの不具合も可能性としてはあり得るので。

それが確実に反映されている確認が取れるのは、とても安心感があります。

 

また、それを活かして、室内干しも安心してできるようになりました。

 

外出時にエアコンを暖房にして高温度に設定。

外出してある程度時間が経ったところで、冷房に変更。部屋の湿度を下げる。

その後、また暖房に切り替え、乾燥を進める。

 

これは、自宅のエアコンの稼働状態を確実に把握しないとできないことです。

こういうことができるのも、Nature Remo E lite でリアルタイム消費電力を見ることができるようになったおかげですね。

 

ということで、消費電力がグラフで見えるだけである Nature Remo E lite ではありますが、使ってみると案外便利さを実感できました。

特に、外出先からの操作時の安心感を得られるのは大きいです。

スマートリモコンの Nature Romo シリーズは便利なので、読者の方々にはぜひ使っていただきたいですが、気が向けば、この Nature Remo E lite も使っていただけると、より楽しい電力マネジメントライフがおくれるのではないかと思います。

 

 

 

 

コメント

にしティー

人語を解する、心優しき柴犬。

にしティーをフォローする
タイトルとURLをコピーしました