【発声】高音を歌うと、喉が枯れる問題【腹筋】

日記
スポンサーリンク

 

ニシマキは趣味でアカペラをやっています。

最近はコロナでメンバーが集まれないので、それぞれのパートをお家で録音した音源を合わせて一曲にするというリモートアカペラに挑戦していました。

その課題曲が、星野源 / SUN だったんですが、一部ギリギリ出ないような高音部があるんですね。

さらに、高い音程の部分を歌うと一発で喉が枯れてしまう

なので、数曲録ったらしばらく休んで、喉のダメージを癒やしつつ、時間を開けて録ってました。

 

Twitter でボヤく

これ困るなーと、Twitterでつぶやいてみました。

 

すると、アカペラ仲間からアドバイスが!ありがたい!

 

ということで、さっそくこのアドバイスを実践してみることにしました。

 

腹筋、マジすげえ

腹筋に力を入れることを意識して、また録音をしてみました。

すると、確かに高音が出せるようになるし、喉のダメージも少ない!!

こんなに即効性があっていいのか。

 

イメージ図としてはこんな感じです。

腹筋(下っ腹)は力の密度を高くして、全身は脱力する。

こうすると、喉に力が入らずに歌えますね

例えると、エンジンはお腹にあって、喉はハンドル、みたいな。

腹筋に力をいれないと、喉がエンジンにならざるを得ないので、ダメージを受けていたのではないかと思います。

 

また腹筋をエンジンにすると、歌の表現力=リード力(ぢから)も上がるような気がします!

※ちなみに、リード力アップのもうひとつの方法は、「なりきる事」なのではないかとも思っていますが、それはまた別の記事にでも

 

 

ということで、今後も腹筋を意識しつつ、うまく歌えるようになっていきたいなーと思います。

それでは、また!

 

コメント

にしティー

人語を解する、心優しき柴犬。

にしティーをフォローする
タイトルとURLをコピーしました