ペイ系アプリ、「チャージ残高の使い切り」のしやすさで選ぶなら、これ!

日記
スポンサーリンク

ペイ系アプリとは

みなさん、ペイ系アプリ使ってますか?

ペイ系アプリとは「~ペイ」という名前が多い、スマホでバーコードやQRコードを使って支払いができるアプリです。PayPayとかLINE Payとかですね。

支払う時にスマホの画面を見せるだけなので、簡単に素早くできて便利です。また、コロナの感染を予防するのにも、非接触型のペイ系アプリは役に立つと思います。

ただ、個人的にペイ系アプリで不便に感じるところもあって、それはチャージ残高です。

もっと言うと、チャージ残高の使い切り問題です。

ほとんどのペイ系アプリでは、チャージ残高を使い切って0円にすることが難しいです。かといって、数円で買える商品はないので、そのまま持っておくしかなくなる。たとえ数円でも残っていれば、それは立派なお金なのでもったいなく感じます。

これが精神衛生上、良くないんです。

 

基本はクレジットカード紐付けで使う

なので、ニシマキは基本的にペイ系アプリの支払いは、クレジットカード紐付けの使い方をしています。

チャージして使うのではなくて、アプリにクレジットカードを登録しておいて、支払いごとにクレジットカードから引き落とされるようにしています。

これならばチャージ残高も増えないし、クレジットカードのポイントも貯まるので一石二鳥です。

ただそれでも、キャンペーンで残高をもらったり、送金するのにチャージしなければならないときもあります。

そうなると、やはりチャージ残高が残ってしまう…。

 

しかし、このチャージ残高を使い切ることができるペイ系アプリも存在します!

というわけで、チャージ残高を使い切りやすいという視点で、これまでニシマキが使ったことのある中から、おすすめのペイ系アプリをご紹介したいと思います!

 

チャージ残高を使い切りやすいアプリはこれ!

ダントツNo.1 楽天ペイ

楽天ペイは、チャージ残高をもっとも簡単に、しかも便利に使い切ることができます。

支払い設定で「すべてのポイント/キャッシュを使う」という項目があるのですが、これがすばらしい!

楽天ペイ よくあるご質問 より

現在持っている楽天ポイントと楽天キャッシュ(チャージ残高)の使い方を、次から選べます。

  • すべて使う(楽天ポイント/キャッシュを優先的に使用)
  • 一部使う(消費したい分の楽天ポイント/キャッシュを指定)

例えば「すべて使う」に設定して、1,000円の買い物をするとします。楽天キャッシュが300円分あれば、支払い分割はこうなります。

300円(楽天キャッシュ)+ 700円(クレジットカード) = 1,000円

つまり、クレジットカード支払いと併用して、いつでも楽天ポイント/キャッシュを使い切ることが可能です。

加えて、「一部を使う」を設定すれば、決めたポイント数を残しておくこともできます。

この当たり前のようなことをできるのが、実はペイ系アプリでは楽天ペイのみです。

楽天ペイ - 街もネットも簡単お支払い!期間限定ポイント使える!
スマホ決済ならおすすめしたいキャッシュレス決済2年連続No.1の楽天ペイアプリ。楽天ペイはアプリや楽天IDで簡単にお支払いができるサービスです。街でのお買い物はスマホひとつで、ネットショッピングは楽天IDで、簡単にお支払いができます。もちろん楽天ポイントの利用もでき、毎日のお買い物がもっと便利でお得になります。

 

少し手間がかかる LINE Pay

No.2 は、LINE Payです。

LINE Pay
LINEのモバイル送金・決済サービス「LINE Pay」。規約に同意するだけで登録完了。簡単にチャージして、コンビニや飲食店などでお財布なしでお支払い可能。

 

LINE Pay は、残念ながら残高をクレジットカードと併用して使うことはできないです。

なので、普通に使うと残高が残ってしまう仕組みとなってます。

ただ、ひとつだけ抜け穴があります。

LINE Pay カードを使って、Amazonギフト券を買うという方法です。

やり方を解説しましょう。

 

ステップ1 LINE Pay カードを作る

LINE Pay カードとは、LINE Payの中で作れる電子クレジットカードのことです。普通のクレジットカードと同じようにカード番号があり、買い物ができます。

この電子クレジットカードの支払いに LINE Pay残高(+ポイント)を使うことができます。

作り方はこちらを参考にしてください。

LINE Pay カードの紹介
発行手数料、年会費無料のプリペイドカード「LINE Pay カード」

 

ステップ2 Amazonギフト券を購入する

次に、Amazonに支払い方法として LINE Pay カードをクレジットカード登録します。

登録後、Amazonギフト券の購入ページに行き、「チャージタイプ」を選択。

次のページで「1円単位で金額を入力」から、LINE Pay残高を使い切る金額を入れます。

※ちなみに、入力できる金額は15円以上となっています。15円からなら、1円単位で好きな金額を入力することができます。

このようにLINE Pay残高は、Amazonギフト券に変換することでスッキリと使い切ることが可能です。

Amazon.co.jp: ギフト券
ギフト券 ストアの優れたセレクションからオンラインショッピング。

 

その他のペイ系アプリは、残高ゼロは無理

その他のペイ系アプリについては、残高をキレイに使い切る方法はニシマキが知る限りありません。

ただ、使うメリットもあるペイ系アプリもあるので、ご紹介をしたいと思います。

 

PayPay

PayPayはペイ系アプリの中で覇権を取ったと言ってよいでしょう。これをスマホに入れておけば、たぶんどこのお店でも使えると思います。

去年の金の突っ込み方が半端じゃなかった…。ただ、もうこれからはそれほどお得なキャンペーンはやらないのではないかと思います。

個人的には、一番使い勝手がよいユーザインタフェースだと思います。デザインとしては一番好きです。きせかえが楽しい。

※ちなみに、ビックカメラではポイントと別支払いを併用できるとのことです。でも、ビックカメラ使わないからなあ…。ニシマキはヨドバシ派。

PayPay - QRコード・バーコードで支払うスマホ決済アプリ
PayPayは、スマホひとつでカンタン・おトクにお支払いができるアプリです。最短1分で登録完了!

 

メルペイ

メルカリが出しているペイ系アプリです。

一番のメリットは、メルカリの売上金を残高にチャージできる点でしょう。

メルカリの売上金は、現金化するために銀行口座に移動すると振込手数料200円が取られてしまいます。それを払わずに済むのでお得です。

メルペイ - メルカリアプリでかんたんスマホ決済・QRコード決済
「メルペイ」は、フリマアプリ「メルカリ」を通して、全国のお店で利用できるスマホ決済サービスです。「メルカリ」アプリをご利用のお客さまは、「メルカリ」上での取引を通じて保有している売上金を、全国の加盟店で利用することができます。

 

 

以上、「チャージ残高の使い切り」という切り口で見たオススメのペイ系アプリのご紹介でした。

なお、今月6月末で、キャッシュレス決済で最大5%還元が終了となります。この還元は各ポイントで還元されるので、残高を使い切れるペイ系アプリを使うことが大事になってきます。

ぜひ、この記事を参考に、ペイ系アプリを選んでいただければと思います!

消費者の皆様 TOP | キャッシュレス消費者還元事業
2019年10月1日の消費税率引上げに伴う需要平準化&...

 

コメント

にしティー

人語を解する、心優しき柴犬。

にしティーをフォローする
タイトルとURLをコピーしました