AndroidからiPhoneへ変えて思った、良いところ悪いところ

日記
スポンサーリンク

 

iPhone 13 mini を買いました!

Androidからの乗り換え、その前はiPhoneを使ってたので、約5年ぶりの2回目のiPhoneです。

およそ1ヶ月ほど使ってみましたが、とても快適に使っています。かなり満足度は高いです。

ただ、AndroidとiPhoneの違いで思うところもあったので、今回記事にしてみました!

 

2つの買った理由

まず、買った理由です。大きく2つあります。

 

ひとつは、前に使っていたiPhone 5sがそうだったんですが、フチが角ばってるデザインが好きなんですね。

iPhone 12から、また角ばったデザインが復活したので気になってました。そして、旧Androidも買い替え時になったので、今回、13が出たタイミングで購入しました。

 

もうひとつの理由は、大きさです。

旧Androidは、Xperia XZ1 Compact を使っていました。このくらいの小さいスマホが好きなんですね。

現状、Android、iPhone両方を見ても、このサイズのスマホとなるとiPhone 13 mini 一択です。

なので、ほぼ迷わず、今回の購入となりました。

 

久しぶりにiPhoneを使ってみて感じた、3つの良い点

iPhoneに戻ってみてやっぱり良いと思った点です。

  • モノとしての美しさが良い
  • 美しい写真が撮れる
  • セキュリティがかなり高い

 

モノとしての美しさが良い

ハードウェアとして、製品としての美しさがダントツに素晴らしい!!

iPhoneの魅力は、やはりここにあるのではないでしょうか。

持っているだけでちょっと特別感を感じるし、所有欲も満たされます。

「モノとしての美しさ」は、やはりiPhone、良いですね。

 

美しい写真が撮れる

旧 Xperia XZ1 Compact と比べると、やはり写真が素晴らしいです。

描画力の違いを感じるのは、夜景を撮る時と、逆光を撮る時です。 旧 Xperia XZ1 Compact では映らなかった部分が、iPhoneだとバッチリ写ります。

また、レンズも広角レンズが追加となり、この画角の広さもとても素晴らしい。自分の見ている風景だと、この広角レンズの方がイメージが近い写真が撮れます。

 

セキュリティがかなり高い

Androidから乗り換えてiPhoneを使い始めて思ったのが、アプリごと位置情報やトラッキング許可の有無をかなり細かく訊かれることでした。

デフォルトでオンなのではなくて、基本的にはオフで、オンにするにはユーザーの許可がいる、という設計です。

この点、Androidよりもかなり厳密だなという印象です。もっとも最新のAndroidだと、セキュリティもかなり追いついてきているようですが。

 

iPhoneの悪い点も…

おおむねiPhoneには満足しているんですが、ちょっとした不満点もあります。

  • Androidの戻るボタンにあたる機能がない
  • 文字を打つときの選択が不便
  • Kindle本を買う時に、ブラウザからしか買えない

 

Androidの戻るボタンにあたる機能がない

一番感じたのが、戻るボタンが無い不便さでした。

戻るボタン

この「戻るボタン」、Androidを使ったことがある人ならわかると思うんですが、かなり便利です。とりあえず押せば、前の状態に戻っていきます。

個人的によく使っていたケースは、アプリ間をまたぐ場合の戻りと、文字を打つときのキーボードの格納です。

「戻るボタン」であればワンタップのところを、iPhoneだと2タップやそれ以上の手間、また適当なところをタップしないといけない手間などが発生します。

これは素朴にAndroidが素晴らしかったと思う点です。もっとも、最新のAndroidだと、この「戻るボタン」がデフォルトでは廃止になってるようで、良さを自ら外してしまっているように思います。

 

文字を打つときの選択が不便

AndroidだとGboardというGoogle製のキーボード改修アプリを使って、少しカスタマイズすることができます。このキーボードがとても良かったです。

特に、左右の矢印キーは便利でした。

Gboardのキーボード

文字にカーソルを合わせた後、矢印キーで左右に動かせるのはとても楽です。それがiPhoneのキーボードだと矢印キーが無いんですね…。

iPhoneにもGboardアプリはあるんですが、おそらくiPhoneのセキュリティ的にキーボードのカスタマイズは制限されているのでしょう。入れても矢印キーは表示されません

これが使えないのが、地味に不便です。

あと、上の画像だと例えば「q」を長押しで、数字の「1」を入力できる機能も便利でした。

 

Kindle本を買う時に、ブラウザからしか買えない

iPhoneは、アプリ内での課金を許可していません。

なので、例えばAmazonアプリでKindle本を買おうとすると、いったんブラウザ(Safari)でAmazonのサイトを開き直して、そこから購入する必要があります。不便!

Androidはもちろんそんなことはなく、アプリ内でポチれば即購入可能でした。

これも大変めんどくさいですね。Kindleアプリ内からも買えないです。

アップルは最近、この課金の規制を責められているので、もしかしたらそのうちに購入できるようになるかもしれません。実現して欲しいものです。

 

その他のお話

以上、iPhoneの良いところ、悪いところの話でした。

 

ついでにiPhone、Android関係なく、便利だなと思ったのが、モバイルPASMOですね。旧Androidでは使えてなかったのですが、今回始めて使ってみて、大変便利でした。

わざわざパスケースをカバンから出す必要も無く、スマホからチャージも可能です。

この便利さはもう戻れないです。おすすめです。

 

あと、iPhoneのボタンの位置を少し変えると、もっと良くなるのにと思います。

サイドボタンを押す時に、間違って音量ボタン(下)も押してしまうことが多いのです。

なので、サイドボタンの位置を少し下にして、本体の真ん中あたりにする。

こうすると反対側に何もボタンが無いので、とても押しやすくなります。

赤枠の位置にサイドボタンを移動して欲しい

アップルさんが気づいてないはずはないので、なにか理由があるのかもしれないですね…。

 

 

ということで、iPhoneを久々に買って使ってみた感想でした。かねがね満足です!

iPhone、Android、どっちもよいよ!

 

それでは、また!

 

コメント

にしティー

人語を解する、心優しき柴犬。

にしティーをフォローする
タイトルとURLをコピーしました