Bluetoothキーボードをいろいろ試してみた!

日記
スポンサーリンク

 

自宅のパソコンのキーボードを新調することにしました。

せっかくなので、ケーブルが無いBluetoothキーボードにしてみることに。

個人的にマウスは無線がマストですが、キーボードの無線化は好みですね。

実際に無線のキーボードを使ってみると、片付けるときに楽ですね。あと、なんとなくスマート(笑)

 

 

さて、使ってみたキーボードは、こちらの3つ

順番に解説していきます。

 

エレコム Bluetooth キーボード TK-FBP100BK

エレコム キーボード Bluetooth パンタグラフ ミニキーボード Windows・Mac・iOS・Android対応 【変換/ 無変換/ メニューキー搭載】 ブラック TK-FBP100BK
エレコム キーボード Bluetooth パンタグラフ ミニキーボード Windows・Mac・iOS・Android対応 【変換/ 無変換/ メニューキー搭載】 ブラック TK-FBP100BK

 

ThinkPad トラックポイント キーボード II – 日本語

ThinkPad トラックポイント キーボード II - 日本語 | Keyboards | レノボ・ジャパン
本製品は2013年6月発売の初代ThinkPad Bluetooth ワイヤレス・トラックポイント・キーボードの後継モデルです。サポート対象のシステムでご利用いただけます。アイランド・スタイルのキーはシザー・リフト・キー・メカニズムを採用し、キーとキーの間のスペースにゆとりがあるため入力とその精度に最大限の効果を発揮し...

 

ロジクール Bluetooth キーボード K380

ロジクール ワイヤレスキーボード 無線 キーボード 薄型 小型 K380BK Bluetoothワイヤレス Windows Mac iOS Android Chrome K380 国内正規品
ロジクール ワイヤレスキーボード 無線 キーボード 薄型 小型 K380BK Bluetoothワイヤレス Windows Mac iOS Android Chrome K380 国内正規品

 

結論を先に言うと、ロジクールのK380がベストでした!

 

エレコム Bluetooth キーボード TK-FBP100BK

Bluetooth超薄型ミニキーボード - TK-FBP100BK
一枚板のように美しい最薄部6.5mmの薄型設計! ペアリングした最大3台までのデバイスを瞬時に切り替えられるBluetooth(R)薄型ミニキーボード。

 

これ、案外よかったです。

小さいながらも、打ちやすい。

もちろんペチペチ感はあるのですが、それはそれで良いし、この薄さではそういうものでしょう。

少し使ったんですが、Bluetoothの接続性も問題なし。

3,200円(ヨドバシ購入時)で、このクオリティーは素晴らしいと思います。

とにかく小さいキーボードがいい!という人には、オススメです!

 

ThinkPad トラックポイント キーボード II – 日本語

次に買ってみたのがこちら。

ThinkPad トラックポイント キーボード II - 日本語 | Keyboards | レノボ・ジャパン
本製品は2013年6月発売の初代ThinkPad Bluetooth ワイヤレス・トラックポイント・キーボードの後継モデルです。サポート対象のシステムでご利用いただけます。アイランド・スタイルのキーはシザー・リフト・キー・メカニズムを採用し、キーとキーの間のスペースにゆとりがあるため入力とその精度に最大限の効果を発揮し...

 

キーボードの真ん中に赤ポッチがあって、マウスのように使えます。トラックポイントという、ThinkPad特有の機能になります。これを試してみたかった。

たまたま、このネット記事を見たことも大きかったです。

【やじうまミニレビュー】 「ThinkPad トラックポイント キーボード II」を旧製品と使い比べてわかったこととは?
 レノボ・ジャパンの「ThinkPad トラックポイント キーボード II」は、2020年春に発売された、ThinkPadシリーズと同等の構造を持つキーボードだ。2013年発売の「ThinkPad Bluetooth ワイヤレス・トラックポイント・キーボード」の後継にあたり、Bluetoothと2.4GHz帯(USBド...

 

LENOVO公式通販サイトからポチって、少し経って届きました。

実際に触ってみると、少し違和感…。タイプミスが多い気がします。どうも、自分の手には少し大きいのかもしれない…。

トラックポイントは、確かに便利でした。慣れれば、マウスを触らなくても大丈夫になれるかもしれません。また、キーボード右下のページアップ、ページダウンボタンの位置も便利そうです。

たた、いかんせんキーボードが若干大きい。少しの体感ですが、無視できない体感です。

キーボードはやっぱり実際に触ってみないとわからないものですね…。

 

ロジクール K380 マルチデバイスBLUETOOTHキーボード

期待していたThinkPad トラックポイント キーボードが手に合わず、ショックを受けるニシマキ…。

もういままでの有線のキーボードに戻そうか。そう思ったときでした。

ずいぶん前に買ってあった、Bluetoothキーボードがあったことに気づきました。外出先でスマホのキーボード入力をしたいと思って買った、ロジクールのK380です。

ロジクールK380マルチデバイスBluetoothキーボード
K380キーボードを購入。ミニマリストのスリムで美しいデザイン、Bluetooth接続性、パソコン、タブレット&スマートフォン間の簡単な切り替え、長いバッテリー寿命などが特徴です。

 

試しにデスクに置いて使ってみると、これがあんがい好感触

キーが丸いというのもあり、以前はオモチャっぽい印象だったんですが、あらためて使ってみると打ちやすい

手の大きさ的にも、ちょうどいい!

 

「なんだ、青い鳥は最初からここにいたんだ」

 

そんな感慨が、ストンと腑に落ちました。

 

大きさがちょうどいい、キーも打ちやすい、Bluetoothの接続性も問題ありません。信頼のロジクール品質です。不満が見当たりません。

個人的には、Bluetoothキーボードはこれがベストなんじゃないかと思います。

見た目であなどってはいけませんね。

 

嬉しいことに、値段もリーズナブルです。

Amazonで3,100円となっています。(2021年3月現在)

素晴らしい。

ロジクール ワイヤレスキーボード 無線 キーボード 薄型 小型 K380BK Bluetoothワイヤレス Windows Mac iOS Android Chrome K380 国内正規品
ロジクール ワイヤレスキーボード 無線 キーボード 薄型 小型 K380BK Bluetoothワイヤレス Windows Mac iOS Android Chrome K380 国内正規品

 

 

ということで、Bluetoothキーボードを探す旅は、終わりました。

その記録をここに残す次第です。

ぜひ、参考にしていただければと思います。

 

それでは、また! 

 

コメント

にしティー

人語を解する、心優しき柴犬。

にしティーをフォローする
タイトルとURLをコピーしました