GitBashを使ってSSHキーを生成して、SourcetreeでGitHubへ接続してみた!

日記
スポンサーリンク

 

ずっと前にGitHubのアカウントは作っていたんですが、活用していこうと思い環境を整えることにしました。

Gitクライアントは使いやすいSourcetreeを使用。Windows10環境。

最初は、GitHubに接続する方式として「https方式」を使ってクローンやプッシュをしてました。

ただ、つどパスワード管理ダイアログが立ち上がったり、なぜかクローンできないレポジトリがあったりしたので、「SSH方式」に変更することに。

この記事は、その備忘録になります!

 

手順はこちら。

  1. Git Bashをインストール
  2. SSHキー(公開鍵、秘密鍵)を生成
  3. その鍵を使って、SourcetreeからGitHubに接続してクローン、プッシュができるようにする

 

1. Git Bashをインストール

Git Bashとは?

Git Bashは、Windowsにてコマンドでgitの操作を利用する際に使うターミナル(いわゆる黒い画面)のこと。 Git for Windowsのインストールが済んでいると使えるようになります。

WindowsでGitを始めたらまず確認!Git Bashの設定&ショートカット

最初はWindows10標準のターミナル「コマンドプロンプト」の拡張機能かと思ってたんですが、別なアプリケーションなんですね。知らんかった。

こちらからインストールしました。

Git for Windows
We bring the awesome Git VCS to Windows

 

このGit Bashを使うことで、次のSSHキーの生成が可能になります。

 

ちなみに、Git Bashをインストールしてそのままだと、たいへん見づらいです。
以下の設定で、見やすくなると思います。

タイトルバー上を右クリックで「Options」が出るので、設定を変更

・Looks:Themeのプルダウンを「dracula」に変更
・Text:「Select」ボタンを押して、フォントを「Consolas、12pt」に変更

 

2. SSHキー(公開鍵、秘密鍵)を生成

GitHubの公式ドキュメントを参考に、SSHキーを生成していきます。

コマンドライン操作がなかなか大変かと思いますが、これは慣れるしかないですね…。

GitHub に SSH で接続する - GitHub Docs
You can connect to GitHub using the Secure Shell Protocol (SSH), which provides a secure channel over an unsecured network.

 

以下を設定していきます。

・既存の SSH キーの確認
・新しい SSH キーを生成して ssh-agent に追加する
・GitHub アカウントへの新しい SSH キーの追加

ドキュメントを見ながら進めればなんとか行けると思います。

 

ただ、自分が一箇所だけ詰まったところがあるので、メモしておきます。

SSH キーを ssh-agent に追加するの箇所のコマンドですが、以下の1行目を実行すると、2~4行目が出力され、どうやらエラーのようです。

$ eval 'ssh-agent'
SSH_AUTH_SOCK=/tmp/ssh-xxxxxxxxx/agent.xxx; export SSH_AUTH_SOCK;
SSH_AGENT_PID=xxx; export SSH_AGENT_PID;
echo Agent pid xxx;

どうやら書き方が違っていたらしく、

$ eval "$(ssh-agent)"
Agent pid xxx

「”$()”」で囲った文字列コマンドで実行すると、2行目のように出力されて上手く行きました。

 

ドキュメントどおりに進めると、秘密鍵:id_ed25519公開鍵:id_ed25519.pubの2つのファイルが生成されます。

公開鍵の内容テキストをGitHubの自分のアカウントマイページから登録します。

 

ちなみに、この記事ではGit BashでSSHキーを生成していますが、Sourcetreeで作成する方法もあります。というか、ググるとこちらの方がよく出てきます。
参考:https://zenn.dev/kunosu/articles/eccff25d9e696fc242fe

ただ、今回Git Bashを使った理由の一つとして、暗号強度が高い方式でSSHキーを生成したかったというのがあります(ED25519)。Sourcetreeのジェネレーターで生成してもよいのですが、個人的なこだわりでした(笑)

 

3. SourcetreeからGitHubに接続

あとは、Sourcetreeの設定をします。

上のメニューの中から、「ツール」>「オプション」を選択。

オプションのポップアップの「全般」タブ>「SSHクライアントの設定」を変更してOKします。

・SSHキー:生成した秘密鍵を指定します
・SSHクライアント:プルダウンで「OpenSSH」を選択します

 

あとは、GitHubで作成してあるレポジトリをクローンします。

自分のGitHubページのクローンしたいレポジトリで、SSH用のクローン元の文字列をコピります。

 

Sourcetreeでクローンします。

・「ファイル」>「新規/クローンを作成する」を選択
・「元のパス/URL」に先程の文字列を入れる
・「保存先のパス」で好みのフォルダを指定して、「クローン」ボタンを押す

 

これで無事にGitHubのレポジトリがローカルPCにクローンされるはずです。

お疲れさまでした!

ニシマキの試行錯誤が、みなさまの参考になれば幸いです。

試行錯誤、マジ疲れた…!!

それでは、また!

 

 

コメント

にしティー

人語を解する、心優しき柴犬。

にしティーをフォローする
タイトルとURLをコピーしました