10年ぶりのモンハンをやってみた感想

日記
スポンサーリンク

『モンスターハンター:ワールド』(Steam版)を買ってみました。

前にやったモンハンがMHP2G(モンスターハンターポータブル 2nd G)なので、もう10年以上も前のことになります。PSP でメガヒットしていた頃です。G級クリアしたのかな。そのくらいはやり込んでいました。ファミレスで集まってやってたのが懐かしい。

それからハードも変わりやっていなかったのですが、Steam でセールということもあり久々にやってみる気になりました。

10年ぶりにやってみたモンハンの感想です。

とにかくグラフィックがキレイ!

前がPSPだったので当たり前ですが、相当グラフィックがキレイになりましたね。森の中の葉っぱ一枚一枚が見える。主人公の肌が汗で濡れているのがわかる。モンスターの質感もリアリティがある。キレイは正義ですね。

ちなみに、あまりにもリアルすぎて、鹿みたいな小型モンスターが可哀想すぎて倒すことができません。罪悪感まで生むグラフィック。

 

ステージがかなり立体的

MHP2Gはステージはほぼ平面でそれが繋がっていたマップなのですが、今作は上下に移動ができて、かなり立体的な作りになっています。数回やったくらいでは、全然マップの把握ができません。

また、ストーリーが進むとすぐ次の新しいステージが出てきます。かなりステージ数は多いんじゃないかな。各ステージがかなり作り込まれているのに、贅沢な使い方です。

※風の谷のナウシカの腐海のようなステージが出てきて、「まんまやないか!」と思いました。開発者、作りたかったんだろうな。

 

変わっていないところ

ただ、武器の操作感はほとんど変わっていないように感じました。にしまきは太刀使いなのですが、少しやって操作を思い出していくと、昔の感覚と変わらずにプレイすることができるようになりました。案外忘れてないものですね。

もうずいぶんゲーム体力がなくなってきて、ゲームを続けるのが億劫になってたりするのですが、このモンハンはやる気が続いています。やっぱりおもしろいですね。

 

ということで、モンスターハンター:ワールド、Steam でも PS4 でも3,000円くらいと、かなりお買い得な値段です。キレイなグラフィックを見るだけでも、その価値はあるはず!

 

Steam:Monster Hunter: World
新たな生命の地。狩れ、本能のままに! シリーズ最新作「モンスターハンター:ワールド」では、 新たに構築された多種多様な地形や生態系が息づく世 界で、究極の狩猟生活が体験できます。

コメント

にしティー

人語を解する、心優しき柴犬。

にしティーをフォローする
タイトルとURLをコピーしました