MOS Excel2016 を受験してみたよ

日記
スポンサーリンク

 

今回、試験を受けた感想は、エクセルにはまだ知らない機能がいろいろあったんだな、という事でした。

実は、エクセルなんて適当に使えればええやろ!と、いままで我流で使ってたんですが、あらためてキチンと学習できたのがよかったです。

 

仕事でエクセルを使う人は、受験しておいてもよいのではないかと思います。

まあ、受験料は結構高いので、本を使って学習するだけでもメリットありです。

 

特に役に立ちそうだったのが、テーブルの設定で集計行を出すとか、アウトラインを出すとかですね。こんな機能があったんだ、という。

あとは、基本的な関数をあらためて学習できたり、セルの絶対位置指定なども勉強になりました。

 

 

MOSとは

エクセルやワードなどのマイクロソフト オフィス製品の利用スキルを証明できる資格です。

マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)とは

Microsoft の Office 系の資格ですね。

これさえ持っていれば就職できる!というほど強い資格ではないですが、パソコンでの事務作業の能力を保証できる効力はあると思います。

 

きっかけ

受けるキッカケは、社内の資格サポート制度です。

合格すると資格手当が出るので、半分お金目当てです(笑)

ただもう半分は、エクセルは職場でもよく使うので、勉強しておいてもよいかなという動機でした。

 

勉強法

勉強法は、こちらの定番本を使いました。

メルカリ800円でゲットできました。

そして合格後、再びメルカリで売却!メルカリ輪廻やで。

内容が充実していて試験問題も載っているので、この一冊で問題なく合格できると思います。

勉強時間は、1日1時間くらいで2週間ほど。土日はもう少しやったので、合計で20時間くらいでしょうか。

ひととおり、解説と模擬問題は完了させました。

 

試験場所

横浜駅のスカイビル26階、オデッセイ テスティングセンター 横浜で受験しました。

MOSはこういったパソコン受験センターみたいなところで、随時受験できるんですね。

部屋は小さめ、パーティションで分かれたパソコンが14台くらいあって、そこで個々のパソコン受験を受ける形です。

 

スカイビル26階からの眺めもよかった

 

試験結果は、受験完了後すぐに画面に表示されます。

結果は、無事合格

満点行ったんじゃないかくらいに思ってたんですが、あんがい間違えていたようです(笑)

ひとまず無事に合格できて、ホッとしました。

 

試験結果が画面に出るとき、むっちゃドキドキした~

 

登録サイトのマイページの画面

 

 

 

ということで、MOSエクセル2016受験のお話でした。

独学では知らなかった機能を学べる機会になって、よかったです。

仕事でエクセルを使うときも、少し効率が上がりました。

勉強してみるの、ススメです!

 

 

コメント

にしティー

人語を解する、心優しき柴犬。

にしティーをフォローする
タイトルとURLをコピーしました